2012-08-16

定例ライブ:2012-08-18(Sat) at B1

Home > GIGS:CALENDAR > 定例ライブ:2012-08-18(Sat) at B1
2012年08月18日(土)は、いつもの通り、東京・大森「Sound Bar B1」でのライブです。

B1_singermenu.jpg

ビートルズがアマチュア時代、ドイツのキャバーンクラブで腕を磨いたことは、よく知られています。
では、彼らが一体、どの位の時間、演奏したかご存じでしょうか?
次の記事によると、合計で1万時間は演奏していたそうです。

・Business Media 誠:プロになる目安は1万時間 (1/3)
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1001/13/news016.html
最初のドラマーはスチュアート・サトクリフじゃなかったような気もしますが、ま、そんなことはどうでも良いことです。
わがFabfoursも1万時間目指して、ガンガンやっていきますよ!

さて、今月のB1ですが、Cozyはお休みです。
でも残りのメンバーが、店とお客様を盛り上げるべく熱演します。
乞うご期待!


場所 東京・大森「Sound Bar B1」 行き方はこちら
時間 開店は19:00頃の予定です
料金 男性:チャージ1,500円(ドリンク代別)
女性:チャージ1,000円(ドリンク代別)
出演バンドおよび出演予定時刻 今月はポールソロとウイングスが中心です
その他、何があるかは乞うご期待!
天気予報 曇り 降水確率40% 気温 32℃/26℃ (2012年8月13日 11時00分発表)

以上
posted by Cozy at 2012-08-16 22:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | GIGS:CALENDAR

2012-08-13

Cozy武者修行報告・第二弾:下北沢ブレス

Home > GIGS:CALENDAR > Cozy武者修行報告・第二弾:下北沢ブレス
8月11日(土)、知り合いが出演するというので、以前、私も出演した下北沢ブレスまでライブを見に行ってきました。

breath.JPG

当日はビートルズイベントライブということで、全部で5組のビートルズカバーバンドが出演。
知り合いのバンドも含めて、最後までしっかり見ました。
以下、出演順にご紹介します。

まず1組目
「BEATER」です。

2012-08-11-01.jpg

デビュー以前の曲も交えた演奏は素晴らしいのひと言。
バンドとしての一体感を強く感じました。
しかもドラマーは女性(しかも細身)なのですが、非力さなど微塵も感じさせないドラムは圧巻です。
オープニングは、、、すみません、忘れました(汗)。

2組目は「The Gently Weeps Club Band」です。
以前、私がお手伝いしたことがあるバンドのジョージ役をやっていた方が所属するバンドです。
なかなか安定したリズムで聞きやすく、良いバンドでした。
演奏は初期から中期にかけての曲が中心で、オープニングは"No Reply"でした。
(写真は失念)
大塚のウェルカムバックで開催されているビートルズ大会などでも活動していらっしゃるそうです。

welcome back カレンダー

3組目は「The Blue Light Beats」

2012-08-11-02.jpg

じつは1週間前の東高円寺ロスアンゼルスでご一緒した伝田さんのバンドです。
そのときとはジョン役とポール役が違うそうで、伝田さんによればこちらがメインのバンドで、本来のメンバーだそうです。
曲は初期から中期にかけての曲が中心で、デビュー前の曲もあったかな?(汗)
オープニングは、前のバンドと同じく"No Reply"w

4組目は「アブサロムアブサロム」

2012-08-11-03.jpg

平均年齢が若干20歳の大学生バンドで、普段はオリジナルをやっているそうです。
全員ビートルズが大好きだそうで、50年近く前のバンドなのにこんなに熱くさせてくれるなんて、なんてすごいバンドだと語っていました。
リードギターの男の子は、完奏になったらキーボードを弾くなど、多彩なところを見せてくれました。
ドラムの男の子なんか、髪の毛を半分くれよってくらい、豊富でした(どこ見てるんだか)。
いわゆる完コピバンドではないので、使用楽器も衣装も特にビートルズを意識したものではありませんでしたが、演奏は素晴らしい。
曲も初期から後期まで幅広く、聞いてて飽きませんでした。
彼らのおかげでビートルズ系のお店では見かけないような若い女性客も多く来てました(爆)
オープニングは、、、すみません、忘れました(汗)

最後の5組目は「デビルハーツ」

2012-08-11-04.jpg

日航の法被が印象的なバンドです。
その格好から日本公演のセットリストを期待していたのですが、オープニングは"It Won't Be Long"
結構、セカンドアルバムの曲が多かったような感じです。
フロントのお二人はヅラ着用で、見た目にも拘っていらっしゃいました。

Cozyもヅラ買おうかな(爆)

ポール役は私と同じくレフティで、ポールっぽいトーンの高い声もきちんと出ていて、うらやましい限りです。
結成して2年も経っていないということでしたが、楽しんでみることができました。

ところで5バンド中、4バンドが同じ曲を演奏していましたw
デビュー・アルバムの1曲目といえば、もうお分かりでしょうか。
三者三様ならぬ四者四様の演奏、なかなか楽しめました。
ビートルズイベントなので、被ってしまう曲があるのは仕方ないと思いますが、まさか4バンドが被るというのはビックリですねw

以上、カバーバンド見学日記でした。
posted by Cozy at 2012-08-13 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | GIGS:CALENDAR

2012-08-06

Cozy武者修行報告・第一弾:東高円寺ロサンゼルスクラブ

Home > GIGS:REPORT > Cozy武者修行報告・第一弾:東高円寺ロサンゼルスクラブ
東高円寺ロサンゼルスクラブにお越しくださったみなさまには、ご来場いただきありがとう御座いました。

20120805_01.jpg

まずはトップバッターの「らりあん&フレンズ」です。

2012-08-05-1st02.jpg

じつはベースの方は曲によってベースを持ち変えていたのですが、なんとバイオリンベースは左で、もう一つのベースは右で弾いていらっしゃいました。
世の中、器用な方がいるものですね。

右で弾いてる図
2012-08-05-1st01.jpg

ところが上には上がいて、世の中にはこんな人もいます。



さて、二番手は「ZOOBEABrothers」です。

2012-08-05-2nd.jpg

リンゴ役の方は、伝田さんといって、じつは以前、Fabfoursでドラムを叩いてもらったことがあります。
そのころはドラムを始めて日が浅いこともあり、かなり初心者なドラムでした(汗)。
でも、あれから数年が経ち、なんと今はリンゴと同じドラム(もちろん、オールド)を所有してしまうほどの腕前に成長しました。

2012-08-05-dendadrums.jpg

また、ジョージ役のTomoさんは、私が1年ほど別のビートルズバンドで活動したときにご一緒した方です。
相変わらず楽しそうにギターを弾いてました。

ポール役は、ポッツさんという方で、THE MEMPHISという有名なビートルズのカバーバンドで活動していらっしゃる方です。
とにかく仕草や表情がポールにそっくりなうえ、何ということでしょう。
MCはすべて英語でこなしてしまいます。
ジョン役の方(お名前は失念)もポッツさんと一緒に、2007年に軽井沢で開催された「苺畑でつかまえて」というイベントに参加していらしたそうです(ちなみにこのイベントにはミキオもオーケストラで参加)。

さて、最後は私がポールを担当した「Pockey & THE PRETZ」です。

、、、

演奏してたので、画像はありません。(/_・)/
曲目は予定したとおりでした。
演奏の方は、はっきり言ってあまり覚えていません。
なぜなら毎回アップアップで演奏していますのでw

今回の音源は御座いません。(^-^)v
ただ、ジョージ役の方がYOUTUBEに動画をアップしてくださったとのこと。
興味があれば探してみてください。

3バンドの演奏が終わったあと、少し時間があったので、メンバー入り乱れてのセッションタイム。
Cozyも、W氏、X氏、Y氏およびZさんと、3曲ほどセッションを楽しみました。

ハコは音響設備も良く、返し(モニター)が聞こえないという人もありましたが、私には十分な環境でした。
ここは壁はもちろん、天井にもすべて吸音材が張りめぐらされているため、天井がめちゃ低く、180cmの人が店内を歩くと頭が天井についてしまうほどでした。
フジファブリックとか氣志團なんかもアマチュアのころにはよく演奏していたみたいですが、氣志團はあの頭でも大丈夫だったのでしょうか?

20120623_furyougeinoujin_37.jpg

>Fabfoursのみなさま
業務業務連絡。
"Words of Love"、レパートリーにしましょう。
posted by Cozy at 2012-08-06 23:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | GIGS:REPORT