2015-06-19

定例ライブ:2015-06-20(Sat) at B1

Home > GIGS:CALENDAR > 定例ライブ:2015-06-20(Sat) at B1
2015年06月20日(土)は、いつもの通り、東京・大森「Sound Bar B1」でのライブです。

B1_singermenu.jpg

ビートルズのドラマーといえば、ご存じリンゴ・スター。
デビュー後、すべてのステージでドラムを叩いたと思われていますが、じつは代役が叩いたライブがあります。
1964年6月3日、リンゴは扁桃炎と咽頭炎を併発して病院へ入院してしまいました。
その日はなんと初のワールドツアーの前日。
ツアーの中止も検討され、ジョージも最後まで中止を主張したそうです。
しかし、結局は強行することになりました。
そうして、6月4日から13日まで、オランダとオーストラリアで、ジミー・ニコルという人が代役を果たしました。
ビートルズが代役を使ったのは、後にも先にも、このときだけです。
でもなぜこの人に白羽の矢が立ったのでしょうね?
なんちゃって百科事典のWikipediaの英語版によれば、あるアーティストのレコーディングでジョージ・マーティンがドラマーとして、つい最近雇ったことと、イギリスの企画物レコードで、ジミーがビートルズのカバーを演奏していたこと。
これらが決め手になったようです。
ちなみに「代役」のことを「トラ」と言いますが、これは「エキストラ」から来ているそうです。
もっとも英語では"stand-in"と表現するそうなので、和製英語に近い表現でしょうか。

さて、今月のFabfours、じつはドラムのP太郎が事情により欠席です。
そこで強力な”stand-in drummer”2名に来ていただけることになりました。
特に一人の方は「Liverpool Boys(リバプール・ボーイズ)」というビートルズのトリビュートバンドの現役ドラマー・リンゴりん☆ケンさんという方です。

Liverpool Boys as The Beatles Tribute Band

リバプールで毎年開催されているビートルズのイベントにも参加したことがあるそうです。
いろいろお話が聞けそうで、何か楽しみですw
なお、もう一人の「トラ」はP太郎の後輩である山田さんです。
ということで、今月はいつもとは違う雰囲気のFabfoursをお届けします。
乞うご期待!


場所 東京・大森「Sound Bar B1」 行き方はこちら
時間 開店は19:00頃の予定です。
料金 男性:チャージ1,500円(ドリンク代別)
女性:チャージ1,000円(ドリンク代別)
出演バンドおよび出演予定時刻

Fabfours・1st(20:00〜21:00)

<今月の予定曲>
  • Love Me Do他

  • 池上ストリートバンド (21:15〜22:00)


    現在、選曲中

    Fabfours・2nd (22:00〜23:00)


    <今月の予定曲>
  • From Me To You他

  • 出演時間は大体の目安です。
    当日は順番の入れ替わりなどが起きる可能性もありますので、あらかじめご了承ください。
    天気予報 曇り 降水確率30% 気温 26℃/17℃ 2015年6月18日 17時00分発表

    以上
    posted by Cozy at 2015-06-19 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | GIGS:CALENDAR