2005-12-23

へフナー用ベース弦(bass string)比較表

Home > MONOLOGUE:Cozy's > へフナー用ベース弦(bass string)比較表

私はバイオグラフィーにも書きましたが、へフナーのバイオリンベースを使っています。
このベース、いろいろな意味で少し変わっている楽器なので、弦も専用のものがいくつかのメーカーから売られています。
La_bella_thin.jpg

とりあえず、さっと表にまとめてみました(携帯の方ゴメンナサイ)。

  メーカー 型番

定価
(または売価)

セット
G
D
A
E
hofner_string.jpg へフナー n/a 高い ? ? ? ?
pyramid.jpg ピラミッド(Pyramid) n/a 5500円前後 .040 .060 .077 .100
La_bella.JPG ラベラ(La bella) Deep Talkin' Bass "BEATLE BASS" \5,500前後(以前はミュージックランドKEYで\4,980で販売されていましたが、その後、価格改定があったようです(2006年12月16日確認))
現在は、クロサワが最安値(\4,410税込)のようです。他のベース弦も全体的に他の楽器店に比べて安く感じました。(2008年11月13日確認)
.050 .065 .080 .100
La_bella_thin.jpg ラベラ(La bella) Deep Talkin' Bass "760FHB2 for Hofner "BEATLE BASS"" \5,313(2008年1月11日に新星堂ロックインにて購入) .039 .056 .077 .096
rotosound.JPG ロトサウンド(ROTO SOUND) RS77S+ \4,500前後(以前はロックイン新星堂で\3,280で販売されていましたが、その後、価格改定があったようです) 
輸入代理店が変わったため、現在は製造されていないそうです。この弦は、以前の輸入代理店が特注で作ってもらっていたものだそうです(2008年1月11日確認)
.040 .055 .070 .090
yamaha_h-4010.jpg ヤマハ(YAMAHA) H4010 \2,200 .050 .065 .080 .100

この中で、私がメインとして愛用しているのは、ラベラ(La Bella)の弦です。
いろいろ使ってみた結果、音の太さが好みだったので、これになりました。
ただこの弦、難点は売っているところが少ないことです。
私は池袋にある「ミュージックランドKEY」で購入しています。
(※2006年03月に知ったのですが、ロックイン新星堂も取り扱いを始めたようで、新星堂各店でも販売されています。またフラット弦だけでなく、へフナー用のラウンド弦も売っていました。)

ちなみに最近のポールが使っている弦は、アメリカの"Bass Player Magazine"のWebサイトに載っていた記事によれば

For strings, McCartney favors La Bella Beatle Bass flatwounds, gauged .039, .056, .077, .096.
ということです。
ピラミッド(Pyramid)の弦を使っているという話を聞いたことがあったのですが、今はラベラ(La Bella)だったのですね。
しかし、ポールの弦はゲージも細く、しかもなぜかこのゲージのセットは市販されていません。
特注なのでしょうか。。。
現在、ラベラ(La Bella)のへフナー用ベース弦は、フラットワウンドの太いゲージと細いゲージ、ラウンドワウンドおよびブラックナイロン弦の4種類あるようです。
最近のポールが使っているゲージのものは以前は手に入りませんでしたが、今は新星堂などで入手できるようになったようです。

さて、とりあえず他の弦を使ってみたこともあるので、ついでにそれらのインプレッションも書いておきます。

まず純正弦ですが、これは高い割にはE弦が全然鳴らなくて、それ以来使っていません。
次にピラミッド(Pyramid)ですが、これは何度か試したことがあるのですが、安くはないので、あまり使わなくなってしまいました。
そこで安かったヤマハ(YAMAHA)を一度だけ使ってみましたが、弦が太いためか糸巻きの穴に弦を通すのに苦労したので、それ以来使っていません(って、そんな理由かい>自分)
次にロトサウンド(ROTOSOUND)に挑戦してみましたが、割と安いですし、音も悪くは無かったので、しばらくメインとして使っていました。
ところが、ラベラ(La Bella)の弦を使い始めてからは、こっちの方が好みだったので、ロトサウンド(ROTOSOUND)の方は使わなくなってしまいました。
ただ私のへフナーとは相性が悪いのか、.050から始まるセットだと、E弦5フレット付近にデッドポイントが発生してしまいます。
ここは多用する場所なので、これだとちょっと厳しいのですが、A弦の開放で代用するなどして対応してました。

いずれにしてもレギュラースケールの弦に比べたら、弦の長さが短いから値段が安くなりそうな感じがするのですが、需要が少ないせいなのか反対に高いくらいです。
ま、子供服も大人の服に比べれば使っている生地の量は少ないくせに値段もそれなりですから、それと同じ理屈なのかもしれません。

posted by Cozy at 2005-12-23 23:13 | Comment(0) | TrackBack(1) | MONOLOGUE:Cozy's
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

ベース弦を攻める
Excerpt: 再度購入しました。もうすでにProSteelsは一般的になってきたのではないでしょうか?一般的なステンレス弦とは違う、ハイの音楽的な出音。倍音リッチなロングトーン。ステンレス弦のわりには長持ちします。..
Weblog: ベースがたくさんあります
Tracked: 2007-08-12 14:09