2005-11-11

Fabfours?

fabfoursonstage02.jpg
What are they singing?

●バイオグラフィー

2000年後半

それまでB1で活動していたビートルズのカバーバンドであるPostBoysが活動休止となった。
ほどなくして、yoshiro(Vo、Gtr)とコーヘイ(Dr)を中心に、Cozy(Vo、Bass)が加わり、バンド名も付けずにダラダラと活動開始。
トリオによるビートルズナンバーのカバーに挑戦。
マニアックなビートルズカバーはやらず、かといってアレンジを全然変えてしまってもアレなので、楽しみながら演奏することを目指す。

2002年

新たにヒデ(Vo、Gtr)が加わり、トリオからビートルズと同じ4人編成にパワーアップ。

2003年

とあるライブをきっかけに、結束ではなく体重が増える(汗)
同時に出演バンド名を提出しなければならなかったため、いくつかの候補から選び「Fabfours」と命名する。
欧米ではビートルズを"fab four"と呼ぶことがあり、そこから拝借した。
ちなみに"fab"は"fabulous"の略で、「すばらしい」「物語にあるような」などの意味があり、"four"はもちろん、彼ら4人のこと。 ただ、そのまま拝借したのでは何のヒネリも無いので、わざと"four"に複数形の"s"を付けて、日本人英語のニュアンスを出す。
ちなみに"Fabfours"は"ファブフォヮーズ"と発音する(はず)。

2004年

コーヘイの仕事が忙しくなり、Drとしての活動は一時休止となる。
コーヘイ復活までのあいだ、B1にお客さんとして来ていたオダン氏に、助っ人ドラマーをお願いする。
急にドラムに目覚めたヒデがドラムを叩いたこともあったが、やはり付け焼き刃は効かず、すぐにオダン氏に戻る。

2005年

同年10月に大きめのハコでライブをやることになり、コーヘイが満を持して復活する。 腕は衰えていなかったが、1年のあいだに一回りも大きくなったコーヘイを見て、誰もが涙した。

2006年

東京・大森のB1以外でも活動したいとつねづね考えているが、既婚独身子持ち湘南城北地区など、メンバーの家庭事情や居住地がバラバラのため、月一の集まりが限度かも。

2007年

私的事情によりバンドへの参加が難しくなったヒデに替わり、Cozyと出会い系サイトで知り合ったゾエが2007年4月から参加。

2008年

私的事情によりバンドへの参加が難しくなったコーヘイに代わり、踊るヴァイオリニスト・ミキオが助っ人ドラマーとして参戦中。

2009年

家庭の事情によりバンドへの参加が難しくなったゾエに代わり、ヨッタカが2009年5月から参加。
また、助っ人ドラマーとして参戦していたミキオが正規ドラマーに。

2010年

Fabfoursの唯一の穴場だったキーボード部門。
一匹狼で音楽活動していたコージを、ひょんなことからyoshiroが勧誘
数ヶ月の試用期間後、めでたくピアノマンとして正規メンバーに昇格
これにより四声合唱までが可能となり、あとはミキオの勇気ある行動を待つだけとなった

●演奏曲目

ビートルズの公式録音曲は210曲ちょっとあり、おそらく半分ぐらいは演奏できると思われるが、一切保証はできない。

●メンバー

以上

posted by Cozy at 2005-11-11 11:11 | WHO WE ARE:Biography