2008-11-21

Revolver (1966)

Home > SONG LIST:Revolver > Revolver (1966)
収録曲
Taxman
Eleanor Rigby
I'm Only Sleeping
Love You To
Here, There and Everywhere
Yellow Submarine
She Said, She Said
Good Day Sunshine
And Your Bird Can Sing
For No One
Dr. Robert
I Want to Tell You
Got to Get You Into My Life
Tomorrow Never Knows

posted by Cozy at 2008-11-21 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | SONG LIST:Revolver

She Said She Said

Home > SONG LIST:Revolver > She Said She Said
"She Said She Said"は俳優のピーター・フォンダの言葉がきっかけで生まれた曲だ。
ビートルズは一九六五年夏のアメリカ・ツアー中に、ロサンジェルスのベネディクト・キャニオンの家に閉じこもった。
警察や何千ものファンが家を取り囲み、二人のファンがヘリコプターで庭に侵入しようとする事件もあった。
包囲されたビートルズは、家の中でパーティをするしかなかった。
バーズのロジャー・マッギンとデイヴ・クロスビー、そして俳優のピーター・フォンダも一緒だった。
彼らはジェーン・フォンダの『キャット・バルー』(ポーリーン・キールは「むらのある、統一感のない、純情振った気取った作品」と評している)を見て午後を過ごしたが、ジョンはこの映画が大嫌いだった。
その後、ジョンとジョージはアシッド・トリップを始めた。
フォンダと一緒にデッキに座ったジョージは、死にそうだと訴えた。
トリップのベテランであるフォンダは、怖がることはない、リラックスするようにとジョージを落ち着かせようとした。
子ども時代に手術台で死にかけた経験があるフォンダが、「死ぬのがどんな感じか、僕は知っているよ」とジョージに話しているのを、通りがかりのジョンが耳にした。
映画を見てフォンダ家の入々にうんざりしていたジョンは、きつい口調で「そんなくそみたいなこと、誰に吹き込まれたんだ?」と言い放つと、付き人に向かって「こいつを追い出してくれ」と命令した。
しかし、ジョンはフォンダの台詞をしっかりメモして、曲作りに生かしたようだ。
ポールもこの歌が好きだった。
「とてもジョンらしい。素敵な曲だ。
"She Said She Said"というタイトルがいいな。
タイトルはセッション中に決まったと思うけど、曲は殆どジョンが完成させていたよ。
確信はないけど、僕は一切録音にも参加しなかったんじゃないかなあ。
喧嘩か何かになって、『ファック・ユー!』と言ってしまって、『それじゃ僕らで録音するよ』と言われてさ。
ベースはジョージが演奏したんだと思う」(EMIスタジオの記録には、この事件に関する記述はない)。

Barry Miles『MANY YEARS FROM NOW』

「確信はないけど、僕は一切録音にも参加しなかったんじゃないかなあ。」というポールの発言が気になります。
どうもコーラスにポールっぽさを感じなかったのは、そういうことだったんですね。
「ベースはジョージが演奏したんだと思う」というポールの発言もありますが、アウトロでのベースのひっかけフレーズなんかポールみたいに思えます。
そもそも当時、ジョンかジョージは右用のベースを持っていたのでしょうか?
posted by Cozy at 2008-11-21 19:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | SONG LIST:Revolver

2008-11-20

And Your Bird Can Sing

Home > SONG LIST:Revolver > And Your Bird Can Sing
"And Your Bird Can Sing"はジョンの曲。
僕がヴァースを手伝ったんじゃないかなあ。
ジョンの歌はほとんどいつも第二、第三ヴァースがないままだったから。
ジョンと一緒にあの曲のミドルエイトを作った記憶があるけど、あれは8対2でジョンの作品だ。


Barry Miles『MANY YEARS FROM NOW』
posted by Cozy at 2008-11-20 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | SONG LIST:Revolver

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。